「デジタル庁」に期待 菅義偉政権に期待すること(NetwingsJ)

これはね、難しいですよ。どの役所のどの権限をデジタル庁に移行するかで、大きくもめると思います。具体的には避けますが、現状、デジタル行政は、総務省、内閣官房、内閣府、経産省。これだけにまたがるものを、一つにまとめよう、というのですから大変です。ことによると失敗するかも知れません。

ビル街のイラスト:いらすとや みふねたかしさん

これ1つだけで済む、というお役所が、監督官庁が決まれば、まとまれば、デジタルでのお仕事がやりやすくなります。いまのところ、クラウドサービスについては、総務省さんの監督下にあります。(ネットウイングスが、ですよ?)ところが、IPAさんはどちらかというと経済産業省系の団体なのです。そこでネットウイングスは困るのです。一体、どちらの顔を立てればいいのだろうと。

まあ、そういうことは上の人が、偉い人が決めるので、下々の者が下世話なことを言う筋合いのものではありませんが、デジタル庁がもしできたら、お仕事がすごくやりやすくなり、監督官庁も1つで済みますからね。行政のワンストップサービスなわけですよ。

業務用プロパンガス機器だって、経産省さんのワンストップサービスなわけですよ。そういう会社に勤めていました。製品の立会検査・型式認定に、経産省さん(詳しく言うと、高圧ガス保安協会さん)をお招きするのです、会社に、工場に。

「日商PC検定」や「日商キータッチ2000」テストは、日本商工会議所。そして「情報処理技術者試験」は、経済産業省になるのです。そのくせ、電気通信は、総務省になるのです。ああ、ややこし、ややこし。

そういうことです。デジタル庁、出来たらいいな。お手並み拝見です。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)