淡々と生きて行く 2人のモーレツが去った後で(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ 親父夫婦は共に「モーレツ」でして、モーレツ世代と言ってもいいでしょうね。2人を見送った後で、残された僕は、あまりモーレツではないのですよ。どちらかというと、淡々と生きて行くほうです。なーんかね、親父が切符、母親が書類とお骨になった現在、ふさぎ込んでレコードを聴くしかないんですよ。

ご対面 左:2009年のトーキョーブックマーク。右:2020年の母の書類一式

このように、人間、お骨と紙切れになってしまえば、あっけないのですよ。ぺらぺらね。生きているうちに、どれだけのステキな思い出が出来るか、それが大事ですね。亡くなってからでは、どうしようもないのです。このレコードを、繰り返し聴いているのですよ。

昭和40年代ということでも、葬送に相応しいし、2人でドアを閉めて……という歌詞も何だか相応しい、そして、アナログレコードということも、昭和っぽくって相応しいので、これをリピート再生しています。亡 横尾照雄と、亡 田所郁子の葬送曲にピッタリだ。

というわけで、仕事を探す気力もなく、ただただ、目の前を駆け抜けて行った、2人のモーレツに対して、あー、やれやれ、という気持ちで見送って、そして、祈って、拝んでいるところです。

押し入れから写真を出そうかな? ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん まだ服喪中 ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)