Windows 10 Version 1909 から自動アップデート出来ない場合は「Windows 10 更新アシスタント」を使用して、Version 2004 までアップデート(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ お疲れ様です。ネットウイングス田所です。アップデートが、Windows Update で自動でかからない場合は、グーグルの検索か何かで「Windows 10 更新アシスタント」と検索して、マイクロソフトのものを見つけ、ダウンロードし、その小さなアプリから、さらにOSをダウンロードするという手数がかかります。

更新後の最新OSは今のところこれです。〝winver〟と、コルタナさんの白いタスクバーのテキストボックスに入力して実行すると、このような表示が出れば成功です。

このOSがいまのところ(ファーストリングなどを除く安定版では)最新だそうでして、この状態に(このバージョンに)なっていれば、今のところOKです。

ふー(笑)ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 服喪中 ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)