冬の時期に入るので敢えて知りたい「ヒートポンプ式エアコンの暖房の仕組み」(NetwingsJ)

これは、一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センターさんのリンクのたまものなのですが、へええ、加圧・減圧を繰り返すことで成り立ってるんだ、このサイクルが! ということが、この図を見れば、すぐに分かるわけですよ。ただ漠然と、ぬくいよね、屋外機冷たいよね、だけじゃない。だけじゃない何かが分かります。ここを良く読めば。

ヒートポンプについて、僕も資料請求してみようかな?

生前、僕の親父がね、実は「九州グラスロン」というケミカルベンチャー企業を起こしており、すぐに潰れましたけどね(笑)横尾照雄さんですよ。親父の持論に似たものなのですけども、地域間に、莫大なコストをかけて、冷媒や配管の圧力損失とかそういうのを一切抜きにした、地域間ヒートポンプを構想していた時期があって、こだわっていて、要は、北国と南国を組み合わせたら良かろう? という理屈でした。子供心には「へええー」と言って素直に聞いていたのですが、いざ、LPG気化器の会社に20歳になってから勤めだすと、配管には圧力損失というものがあるねんでー(ちょうど、ストローが長くなると、グラスのジュースが吸いにくいのと同じ現象)ということを、取締役技術部長直下で習ったりしたわけですよ。おかげさまで、液化石油ガスの資格(というか、講習)を受けたわけなんですけどもね、KHK(高圧ガス保安協会)さんのね。

ではでは(・∀・)ノ 暖かくしてお過ごしください。

パソコンのお医者さんもビックリ ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングス田所です。キャリア31年目のオジンです(笑)兵庫県尼崎市在住。Microsoft Partner Network に加入中の、パソコンのお医者さん。 県立千葉工業高等学校情報技術科卒。「ITはちょっとね」と仰る方ほどご覧いただきたい。フォローされる方、パソコンの故障でお困りの方は、どうぞお気軽に(・∀・)ノ