オンライン/オフライン共にのめり込むと起こり得る「ゲーム依存症」(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ 最近のオンラインゲームは課金制などで、ザックリ言うと、ギャンブルに近いものですよ。課金すれば課金するほど、ゲームを有利に進められる仕組みになっている、これは仕方がありません。問題は、未成年者がお小遣い以上にゲームに課金し過ぎて、親の預貯金に手を付けるなどの犯罪行為に加担しかねないという点です。

また、ゲーム依存症は、おとなにもあり得る話でして、中には療養所に入所して「ゲーム断ち」をしなきゃ治らない精神疾患になられた人もいるそうです。

そんな、ゲーム依存症(精神疾患)とは何か、少しばかり調べてみました。

ほらね、ICD-11という分類の、精神疾患に分類されているでしょう? オンラインゲームも、余暇に少し、という分には何も問題がないのですが、親のカネに手を付けるなどの犯罪行為や、極度の依存症、生活の困窮になってしまっては、本末転倒です。なお、日本国では、疾患認定はあっても、法規制はありません。業界やゲーム会社の自主規制に任されています。

ゲーム先進国が、良いことか悪いことか。ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 憂国の士 ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングス田所です。キャリア31年目のオジンです(笑)兵庫県尼崎市在住。Microsoft Partner Network に加入中の、パソコンのお医者さん。 県立千葉工業高等学校情報技術科卒。「ITはちょっとね」と仰る方ほどご覧いただきたい。フォローされる方、パソコンの故障でお困りの方は、どうぞお気軽に(・∀・)ノ