ITエンジニア 技術力だけでは負ける「企画力と企画書の教科書」(NetwingsJ)

ITエンジニアは、このままでは負けます。そう感じています。企画書を通じて、企業やお客様を不幸から幸せへ導くためのロジックとストーリーが必要だと思うのです。スタートから、ゴールへ導くための教科書。翻って、何のために自分はITエンジニアの仕事をしているのか。それは、お客様のお困りごとを、幸せへと導くロジックとストーリーです。これ、今日 Kindle で買いました。

幸いにも、ITエンジニアは、ロジックと鳥瞰力はあります。そのように教育されて来ました。ロジックがないと、プログラムひとつ組めません。鳥瞰力がないと、専門バカに終わってしまいます。

なぜITエンジニアの企画書が通らない(作れない)かを考えると、それまで商業系情報処理が行って来たことなんです。工業系情報技術や情報システムだけでは解決できないことが書かれていますよ。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 限られた予算で何が出来るか ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングス田所です。キャリア31年目のオジンです(笑)兵庫県尼崎市在住。Microsoft Partner Network に加入中の、パソコンのお医者さん。 県立千葉工業高等学校情報技術科卒。「ITはちょっとね」と仰る方ほどご覧いただきたい。フォローされる方、パソコンの故障でお困りの方は、どうぞお気軽に(・∀・)ノ