外部の情報セキュリティ専門家に見てもらって分かった楽天の SaaS 型クラウド設定ミスによる情報漏洩(NetwingsJ)

ちょっとした設定ミスでも、SaaS 型の営業管理システムで、情報漏洩が起きたそうで、主に取引している法人・個人事業主の漏洩が確認されましたが、設定ミスを解消したことにより、実害は最低限に免れています。楽天さんよ、球団経営やってる場合じゃないですよ。

ネット上のクラウドに、営業管理システムを作るということは、ある面怖いですね。ちょっとした設定ミスで、どの国の誰に覗かれているかわからない。誰に情報が洩れるかわからない。悪意のある第三者に悪用されるおそれがあります。

社内に情報セキュリティの専門家がいない、あるいは、深くわからないというのは、まずいので、国内すべての法人事業者さまがお気をつけていただくべき筋合いのことです。むしろ、早めに気づいて良かったほうです。

SaaS とは、Software as a Service (サービスとしてのソフトウェア)の略で、社内の自社サーバーにシステムを置かずに、クラウド上に置いてクライアント機から機能だけを使う、ということを意味するものです。

今後、最終的に何名さまの情報が洩れていたかは、推移を見ていってどうか、ということを気を付けないといけないのですが……。こればかりは、情報を預かる企業に任せっきりになるですからなあ。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 情報漏洩が一番怖い ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングス田所です。キャリア31年目のオジンです(笑)兵庫県尼崎市在住。Microsoft Partner Network に加入中の、パソコンのお医者さん。 県立千葉工業高等学校情報技術科卒。「ITはちょっとね」と仰る方ほどご覧いただきたい。フォローされる方、パソコンの故障でお困りの方は、どうぞお気軽に(・∀・)ノ