ちょっとおじさん、CC(クリエイティブコモンズ)について調べて重要性を勉強中(NetwingsJ)

世の中、特に、欧米と日本では、CC(クリエイティブコモンズ)というものがあるようです。あれ、何のマークだろう? と思われたことがありませんか? あれは、自国の著作権法を踏まえた上で、ウェブ上の作品をどうしたいのか、著作者の意思表示をするマークのことです。

先ほど、大阪府さんのホームページを見たもんですよ。何だろうあのマークってね。そこで、おじさんも、勉強がてら頑張ることにしましたよ。

これだけでは、意味がよく分からない(笑)FAQ とか、よく読んだんですけどもね。話がチンプンカンプンで、話がアメリカ直輸入の直訳って感じで、とても分かりにくい。また、文章が論文調で、これまたよくわからないのです。とりあえず、ウィキってみてどうか。

うーん、運営団体については、どういうものか分かり、文化庁も支援しているといいます。知的財産権保護の、新しい在り方ですね。じゃあ、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは?

”ライセンスとツールは作者の求める誓約を柔軟(例として自作品を非商用のみでの使用許可を選ぶことが出来る)に提供し、いくつかの頒布条件の異なるライセンスを提供している”

引用してみたものの、この日本語、理解できます? なんとなく分かるんですが、イマイチピンときません。とりあえず、うちは非営利(ボランティア)で運営しています。一人で運営しています。

ここ(ネットウイングス)の場合、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスが、どうなるのか。これは、来年に持ち越すネットウイングスの在り方にも関わる重要な課題です。一歩一歩ね。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 難題に直面する ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝


このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

兵庫県尼崎市のネットウイングスです。お役立ちITコラムを発信しています。(主にAmeba Owndで)パソコンのお医者さんとして、ボランティア活動しています。変化が激しいIT業界にあって、真の価値とは何かを探求し続けています。フォローされる方、パソコンの故障でお困りの方は、どうぞお気軽に(・∀・)ノ