東京都のITエンジニアは立ち上がっている COVID-19 東京都サイト(NetwingsJ)

モノづくりも、確かに重要です。しかしながら、関西では、モノの形をしたモノを作る傾向にあり、モノの形をしない、情報技術を軽んじる(もしくは、理解できない)傾向にあるようです。皮膚感覚でそう感じるのですよ。Vue+Nuxt.js で構築した、東京都の新型コロナウイルス対策サイトです。

これ、普通のホームページじゃないんです。動的に更新されるのです。再読み込みしなくてもね。表示しっぱななしでええと。何で作っているかというと、ザックリ言うと、サーバー上のアプリケーションソフトからのデータを、Javascript で引っ張って来ているということです。それによって、おおもとのプログラムだけを修正するだけで、あとは触らずに済むために、高速な開発が可能である点。そして、閲覧する側のコンピュータ環境に依拠しない、柔軟なシステム開発が可能であるという点。

この仕組み、具体的にどうやって動かしているのか。@ITさんから(これも東京都なのが悔しいのですが)解説があります。会員登録するだけで読めるので、ぜひ読んでみて下さい。

ちょーっと一読しただけでは、何のこっちゃ、という感じですが、要は、コアのプログラムはサーバーで動いていて、データを引っ張って来る&表示させるのは、Javascript の一種であると。

関西の自治体も、企業も、ボランティア団体も、これぐらいのことは、人助けと思って、システムを組んで欲しいものです。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 関西の無力に嘆いている ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングス田所です。キャリア31年目のオジンです(笑)兵庫県尼崎市在住。Microsoft Partner Network に加入中の、パソコンのお医者さん。 県立千葉工業高等学校情報技術科卒。「ITはちょっとね」と仰る方ほどご覧いただきたい。フォローされる方、パソコンの故障でお困りの方は、どうぞお気軽に(・∀・)ノ