黒電話、最強説(NetwingsJ)

どうも、オジンです(・∀・)ノ 新型コロナウイルス、陰性でした。それはさておき、表題の件。今ではもう、携帯電話機をシャットダウンするとか、再起動することが当たり前になり、携帯電話機に、ウイルスチェックソフトをインストールする場合があること。これ、1980年代の常識として、果たして考えられたことでしょうか。

電電公社の600-A型電話機です(中身は魔改造してあります)なかなか性能の良い電話機でして、シャットダウンも、再起動も、充電も、ウイルスチェックもいらない一級品です。通話以外に何も出来ないですけどね(・∀・)ノ ともあれ、黒電話最強説がわたくしの中であるわけです。確か、メタル線で、電話局側から、交流45ボルトの給電を受けて動作するものです(直流でしたっけ?)

おじさんの頃は、女の子の家に電話をかける時は、向こうの両親フィルター(お父さんお母さん)がかかって「何子ー電話よー」みたいな話になるわけです。当然のことながら、お話できればハッピー、お父さんが出てくれば「うちの娘に何の用ですかー!」と追い返されてしまう。ポケットベルすらない時代の話です。なので、黒電話、ある意味最強でした。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 黒電話世代 ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

兵庫県尼崎市のネットウイングスです。お役立ちITコラムを発信しています。(主にAmeba Owndで)パソコンのお医者さんとして、ボランティア活動しています。変化が激しいIT業界にあって、真の価値とは何かを探求し続けています。フォローされる方、パソコンの故障でお困りの方は、どうぞお気軽に(・∀・)ノ