「たくらみのなりわい」と書いて「企業」と読むんだよ(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ 僕は下積みが長くて、そんなに高学歴でもないので、肌感覚で分かるんです。企業は役務を提供する代わりに、それなりにマネタイズ(現金化)するのですよ。つまり、あらゆる分野の製品やサービス、民間企業が提供するものね? あれには、みんな「たくらみ」があるのです。

その中には、良いたくらみをする企業と、悪だくみを考えている企業があり、それを見極める選別眼が必要だと思う次第です。それは、学校では教えてくれませんし、会社の中でも教えるところがあるにせよ、たくらむ側ですから、本音までぶっちゃけてくれません。

大なり小なり、企業というところは、ボランティアや慈善事業でやっていることはめったに無いので、経営不振になったら、必要最低限の本社機能を残して、事業や事業部ごと撤退、お前らクビ、というところもあるのです。リストラって奴ですね。社長さんの中には、清い社長さんもおられれば、きたない社長さんもおられます。自分の立場や身分は失いたくはないけれど、従業員を解雇してまでも、自分の会社だけは守りたい、そんなきたない社長さんもおられます。

さて、会社は「たくらみを画策する提案書」つまり「企画書」で成り立っていると言っても過言ではありません。製造業は「製品企画書」サービス業は「企画書・提案書」で、社長以下幹部に提案することが日常茶飯事です。これで、経営幹部の皆さんが、経営判断をするのですが、中には、一般人をだまくらかすような企画が通っちゃうきたない会社もあるのです。きれいな会社もあれば、ものやサービスを他人に無理やりつかませてナンボ、というような、悪どい企業も中にはあるのです。

「職業選択の自由」ということは、そういうことです。善良な社長さんの味方に付くか、それとも、きたない身勝手な社長さんの味方に付くか、それはお前次第やぞ、という意味です。こればっかりは、企業の中に入ってみなければ体験出来ません(体験入社、インターンシップというところも中にはあるようですが)

繰り返しになりますが、企業はどんな会社も「たくらみのなりわい」で出来ています。良い企画を通す社風なのか、それとも、元から悪だくみを考えている社風なのか、瞬間風速の提示された目の前の求人票の給与だけで考えず、長く勤められる会社を探すということは、どうやらそういう事を考えて会社選びをすることのようです。

オジンは余計な事を書いたかな? でも、それが現実社会であり、同じたくらみを持つのであれば、良いたくらみをしている企業に、出来ましたらお勤めしたいものです。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングス田所です。キャリア31年目のオジンです(笑)兵庫県尼崎市在住。Microsoft Partner Network に加入中の、パソコンのお医者さん。 県立千葉工業高等学校情報技術科卒。「ITはちょっとね」と仰る方ほどご覧いただきたい。フォローされる方、パソコンの故障でお困りの方は、どうぞお気軽に(・∀・)ノ