Windows 10 のプロファイル(特に設定)が壊れやすいので、起動時HDDの動作音が収まるまで何かとコンピュータを操作しない(NetwingsJ)

特に、Windows 8.1 から 10 にアップデートをなされた方は、設定が途中で閉じてしまう、終了してしまう現象が起きている原因は、1つ目には「CSSEmarge67758.diagcab」(設定の修復パッチ)の提供が、Windows 10 のライフサイクルにより、既にサポート期間を過ぎており、提供しておらず、20H2 の現状では回復不可能です。2)パソコンが動作している(起動している)HDDが忙しく回転している間は(音で分かります)なまじっか「設定」を開こうとすると、プロファイルを壊してしまう恐れがあるので、あまりしない方が良さそうです。そういうPCで、メールを取らない方が良さそうです(Outlook のアカウントプロファイルを削除します、特に、途中で Windows Insider Program のベータ版をインストール済みの場合、セキュリティソフトが正常動作出来ない場合があります)

2台で4コア(笑)

メールは、どうでもいいパソコン(壊れても良いパソコン)を、ドメインあるいはワークグループ環境から出来ましたら外していただき、ファイル共有を不許可にします。かんじんなパソコン、サーバーでは、メールをなるべく取らない、開かないような対策が必要です。

まとめ

1)起動動作中は、なるべくPCをいじらない

2)クリティカルパッチ「CSSEmerge67758.diagcab」は、20H2 の現在提供していません

3)大事なパソコンと、メールを取るパソコンは、システム全体とは切り離して運用する

4)メールを取るパソコンと、メインのシステムとは、出来るだけドメインに含めない、あるいは、ワークグループに含めない方が安全かと

そういうことです。ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 最近腕が鈍る ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングス田所です。キャリア31年目のオジンです(笑)兵庫県尼崎市在住。Microsoft Partner Network に加入中の、パソコンのお医者さん。 県立千葉工業高等学校情報技術科卒。「ITはちょっとね」と仰る方ほどご覧いただきたい。フォローされる方、パソコンの故障でお困りの方は、どうぞお気軽に(・∀・)ノ