マーケター屋さんとかは「8つの選択」とか「6つの問題点」とかいう数字を挙げる人が多いですね(NetwingsJ)

そりゃーそうだろうけどよー。経営層にはズバッと入って分かりやすいだろうけど、エンジニアにとっては逆に記事がピンボケしていてよく分からない抽象論ですね。経営層って、数字に弱いから。そこに浸け込む商売も成り立つわけですよ。何でも箇条書きになっていれば、経営層ってお忙しいから、ついそういう数字に振り向くんですよ。目を向けがちなんですよ。

そういうメール、某所から来ますけどね。経営層向けのメルマガも取っているために、エンジニアはその都度アタマを抱えるわけですが。抽象論と、具体的な内容や検討に落とし込む時とのギャップね。エンジニアリングの何たるかをよく理解していない、マーケター屋さんと経営層が話をするので「そんなSFみたいな内容を言われても、具体的にどうすんの?」というギャップが生じるわけですよ。よくありがちです。

1)経営層は数字の誘惑に弱い

2)マーケター屋さんは具体論を知らない

そういうことですよ。どっちの気持ちもわかるだけに、ここはツライですね。ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん エンジニアの家系 ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

兵庫県尼崎市のネットウイングスです。お役立ちITコラムを発信しています。(主にAmeba Owndで)パソコンのお医者さんとして、ボランティア活動しています。変化が激しいIT業界にあって、真の価値とは何かを探求し続けています。フォローされる方、パソコンの故障でお困りの方は、どうぞお気軽に(・∀・)ノ