情報技術は使い方次第で、ツールにもなれば凶器にもなる(NetwingsJ)

どうも。お暑い日が続きますが、皆様におかれましては体調崩していないですか? 僕は5時間寝てから、NHK-FMラジオの「眠れない親父へ」の泉谷しげるさんたちの愉快なトークで癒されていました。きょう(8月30日)は、市立伊丹病院まで自転車で行こうとしたのですが、夜中であっても、とても暑いので、延期するかも知れません。精神状態もコンディション的にどうかと思うので。

最近、思うんです。IT(情報技術)って、便利なツールにもなれば、とても危ない凶器にもなり得るということを、強く感じるんです。刃物に例えるのはどうかと思ったんですが、菜切り包丁は、便利なツールにもなれば、使い道次第で人を傷つける。そんなことを思うんです。

僕は、これまでの人生の中で、言葉や情報技術を用いて、何人の人の心を殺して来たのだろう。そんなことを思いながら、それを痛切に感じるんです。その時には、そんなつもりで言った(書いた)言葉じゃないのに、結果的に人の心を殺してきたんじゃないか。そんな時に、思い出す歌があります。いま、スマートフォンから流しているこの音楽です。歌ネットさんからの転載です。

さだまさし(佐田雅志)さんの「博物館」という、アルバム「印象派」のラストを飾る歌です。

女房を迎えられるような、経済力も性的能力も、もうわたくしにはないのですが(苦笑)そういうことが言いたいのではなくて「ふたつ目の部屋には 言葉を全部閉じ込めた 他人の心をいくつか殺した償いに」という、この歌の歌詞の箇所が、特に胸に刺さるのです。

異常気象と、そこから来る暑さで、どうかなっているのでしょうね、僕の身も心も。

そして、我々日本人は、ともすれば「ルック・アメリカ型」の人間たちじゃないですか。アメリカに追い付け・追い越せで来たじゃないですか。戦後。それって、果たして、どうかなー。と、最近感じるんです。正義と言う名のもとに、発展途上国を空爆するアメリカ政権のいま。あんな国、果たしてついて行って大丈夫なのか。なので、最近、そう思うようになったのですよ。

とは言え、他に信じられる国は我が国しかありませんし、だからといって、どこかの国に肩入れするわけでもない、普通の人々のうちの一人です。

民族に対立はあっても、人と人の人的交流の中では、良い人は良い人。悪い人は悪い人。そう、切り分けることが出来るようになりました。なにジンかではなく、その人個人がいい人か悪い人か。そういう尺度を(年齢50歳を越えて)持つことが出来るようになりました。

市立伊丹病院は、日時を改めて行くかも知れませんね。午前2時半まで起きちゃったし。そーんなこと、あーんなことを、この歌をリピート再生しながら、ぼんやりと思っている次第です。

流れゆく、時のほとりで。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 決して他人を傷つける意図はなし ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

兵庫県尼崎市のネットウイングスです。お役立ちITコラムを発信しています。(主にAmeba Owndで)パソコンのお医者さんとして、ボランティア活動しています。変化が激しいIT業界にあって、真の価値とは何かを探求し続けています。フォローされる方、パソコンの故障でお困りの方は、どうぞお気軽に(・∀・)ノ

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。