【誤報】非常通報ボタンの解除の仕方が解らないお年寄りがいてね(NetwingsJ)

ど、どうも……これの解除方法が解らないお年寄りだったから、まあ、ご無事で何よりです、と言うただの近所迷惑で済んで良かったのですが……常日頃より、市営住宅管理センターや自治会長から、こういう場合の対処方法を聞いておいたので、良かったんですけどもね。あー、ビックリしたー。

トイレで緊急事態です!(警報音)トイレで緊急事態です!(警報音)

……それの無限ループ、というのが、うちのお隣さんだったから、大変驚きました。おばあちゃん1名だけが住んでおり、てっきりトイレでぐったりしていたらいけない。最悪の場合、救急搬送か? 運ぶとしたら、ここら辺だと、市立伊丹病院か、祐生病院か? ってね、スマホを手に救急搬送をする段取りまで考えた上で、

「おい! でえじょうぶかあああああ!!」と、家に押し入ったものですよ。なーんだ、から騒ぎで良かった。

トイレ掃除中に、間違って「緊急」を押したけど、どうやら解除の方法が解らなかったようでした。


緊急ボタンを押すと、インターフォンと連動しており、そこいらじゅうに緊急事態を鳴動し報せる、新しい仕組みになっていたのですよ。建物の建て替えに伴って、新しく付いた機能です。黙って、取り消しボタンを押しましたけどね。「誤報だった場合は、取り消しを押す」って教えてあげました。

ビックリしたー。あー、やれやれ。最初は「詫びを入れろ!」という気持ちにはなりましたが、まあ、ご無事で何よりです、という気持ちに切り替えて今を過ごしています。

ではでは(・∀・)ノ 住宅のマニュアルは読みましょうね。

パソコンのお医者さん 生きる非常事態省だから ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.