免疫抑制剤(デュピクセント皮下注ペン)を使っている時は、ステロイド薬が使えない決まりになっています(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ 朝は、このような注射を打ったのですが、その所為か、蕁麻疹が出て来まして、右往左往していましたが、表題の件につきまして、なんとか体調を回復しましたので、お知らせしておきます。ご心配には及びません。

で、代わって登場するのが、抗アレルギー剤なのです(下記)

d-クロルフェニラミンマレイン酸塩(武田テバ)錠

昔「ポララミン」と呼ばれていた種類の薬剤です。昔で言うところの「セレスタミン」(副腎皮質ステロイド入り)を飲んじゃうと、デュピクセント皮下注ペンと、相互作用を起こすのですよ。すなわち、長期連用もダメなんですよー。

なので、明日は、近隣の内科クリニックで診てもらってからにしますねー。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん ようやく眠れます ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

兵庫県尼崎市のネットウイングスです。お役立ちITコラムを発信しています。(主にAmeba Owndで)パソコンのお医者さんとして、ボランティア活動しています。 フォローされる方は、お気軽に。うちは会社ではありませんが、文筆業(コラムなど)情報・通信業(情報セキュリティ業・情報インフラ業)になるんでしょうね。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

なお(文:ネットウイングス執筆班)とあるのは、文責はすべて全員が負うという意味です。