NTT docomo 通信障害発生か 音声通話・データ通信サービスがご利用しづらい事象について(NetwingsJ)

ありのままの事実を、そのままお伝えします。

NTT docomo 通信障害

今のところ、公式さんが何も情報をお出しにならないので、何が通信障害の原因かは不明です。

ではでは(・∀・)ノ

【追記】

ネットワーク工事で切り戻し作業を行った結果、トラフィックの輻輳(信号量の増大)が起きました結果、通信障害が起きた、とのことのようです。つまり、ネットワーク工事をやって、元に戻した結果、一時的な信号量の増大(混雑のようなもの)が起きました。

ご参考:Weblio 辞書「輻輳」とは

なお、インプレス「ケータイWatch」によると、14日未明にかけて、新規に、IoT用回線の増設を行ったものの、上手く行かなかったので、元に戻した(ここで言う切り戻し作業)ところ、IoT機器からのトラフィックが増えた結果、通常の通話・データ通信などに影響を与えたために、ドコモ回線がパンクした、と言うようなニュアンスのことが書いてありました。

インプレス/ケータイWatch

ここまで書いて、ようやく(主に、主筆自身の)理解が進んだようなものですよ。やっと全体像が見えて来ました。ネットウイングスの場合、ひとりで書いて文責を負い、ひとりで学習し、ひとりで納得した上で、極力正しいことをお伝えしなければなりませんので、朝も夜中もありませんよ。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 原因は、トラフィックの輻輳 ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

兵庫県尼崎市のネットウイングスです。お役立ちITコラムを発信しています。(主にAmeba Owndで)パソコンのお医者さんとして、ボランティア活動しています。 フォローされる方は、お気軽に。うちは会社ではありませんが、文筆業(コラムなど)情報・通信業(情報セキュリティ業・情報インフラ業)になるんでしょうね。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

なお(文:ネットウイングス執筆班)とあるのは、文責はすべて全員が負うという意味です。