クラウド会計とか、クラウド家計簿の金融機関の提携は「API」を通じてやっていますので、秘匿性・安全性は高いです(NetwingsJ)

こういうものです。「API」を使った具体例と言うのは、ですよ。商業系情報処理の皆さんにぜひ、誤解のないようにご説明いたします。「API」とは何かを。そして、そこから個人情報が漏れる心配がない、と言い切っちゃいます。

金融機関「パブリックAPI」連携を行っている例/マネーフォワードME

そして、肝心の「APIとは何か?」というご説明を致します。金融機関と連携する際には、いわば「データーのみ」を引っ張って来るので、一度だけ連携をすれば、「API」を使っているウェブアプリケーションソフト側にも、それ以上の情報は残らない、という仕組みです。少し専門的になりますが、いわば「金融機関のデーターのフック」みたいなものがございまして、その「フック」のようなものからデータのみを引っ張って来るので、直接、住所情報にアクセスしないとか、そういうことが利点として挙げられます。

生のデータに直接アクセスしない、いわば「長崎県の出島」のようなところから、今時点での金融商品情報のみを引っ張って来ますので、直接、住所情報、電話番号等の個人情報にはアクセスしません。

APIとは/Wingarcさん「データのじかん」(Wikipedia にまともな解説がありませんでしたので)

APIとは何の略ですか、と問われれば「Application Programming Interface (アプリケーション・プログラミング・インタフェース) の略でございます」としか当方、申し上げようがないのです。詳しいことは、分かりやすく、Wingarc さんが上記リンクでご説明されていますので、ご覧ください(丸投げで果たしていいのか)

……どうしてもダメ? 

ならば、Linux サーバーの神様みたいな存在、レッドハット(日本)さんのリンクをお読みください。ここに載せておきますので。突っ込んでお知りになりたい方はこちら。

ほらね(笑)サーバーの神様が言いはることは、含蓄がありますね。真実味、重みがあるというものです。少し難しすぎますが。そういった仕組みや「API」と言うプロトコル(通信上の手続きみたいなもの)を通せば、そこを通せば、第三者が個人情報なんか取りようがないのですよ。ですので、クラウド会計ソフトなどは、おおむね安全と言えます。

アプリケーションソフトが、API を通じて通信している間は、個人情報なんか取りようがない、ということです。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 幾つになっても、勉強勉強! ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。