パソコンを買いに行く 峯岸みなみ in ビックカメラ池袋本店

あー、何でしょうね、いろいろツッコミどころはあるんですが、お買い物道中記です。峯岸みなみさん自身、おカネに困っている様子はなさそうなので、こういうことになっています。

いやいやいや、踏ん切りが大事だね。YouTube 始めるのにもおカネがかかるよね。何だか、二段構えの動画になっているようです。

AKB48って言っている割に、秋葉原駅周辺の店舗を使わずに、池袋なのかは謎だとして。

そうして、関東の人は、店員さんつかまえて「ちょっと兄ちゃん負けてんか?」とか、あまり言いません。不思議なことに、値踏みをしないんです、関東地方の人は。これ、不思議ね。

……僕なら、ヒューレットパッカードのパソコンにするんですけどもねー。アップルかー。どっちもどっちだよなー。何だかんだで、万円札がかかるよねー。パソコン買うって踏ん切りが大事だよねー。

……というわけで、素人さんが、どうやってPCをゲットするのか、注目の動画です。

うちは、もっと安上がりにするけどなあ。万札持って売り場をウロチョロせえへんわ。ちなみに、ユニバーサル・シリアル・バス略してUSBだからな!(笑)

30万円で Mac Book Pro を衝動買いするのはいいけど、周辺機器とか考えずにいたり、色はファッションセンスで選ぶし、挙句の果てには、買って10日間も電源を入れない(どころか、袋から出さない)

……少し、親の顔が見たくなりました(・∀・)ノ

まず、女子がパソコンを買うのって、形から入る。ファニチャーと一緒のような感覚で買うんだなー、ということが、勉強になりました。僕だったら、もしも30万円も手許にあったなら、hp のデスクトップの、Omen とか言う最上位のゲーミングパソコン買うけどなあ……。

ちなみに、田所のパソコンは、というと、ノートではなく、事務用のデスクトップパソコンなんですな、これが。

本体:hp Slim Desktop 280(上新電機通販:型落ち品)¥60,800-

モニター:Gateway(日本エイサー) 19.2型モニター ¥10,800-

USBカメラ:Microsoft Web Cam(上新電機通販:格安品)¥1,945-

キーボード:バッファロー 水で洗えるキーボード ¥4,370-

アマゾン ステレオスピーカー 左右で ¥1,200-

ロジクール マウス(ユニファイド) ¥1,280-

全部で8万円しない(笑)それでも記事執筆には役立っていますよ(・∀・)ノ

これには深い訳があって、峯岸みなみさんは「映像機器」としてパソコンを選んでいる反面、田所は「事務機器」という観点から選んでしまうので、皆さん、動画編集の場合は、田所のいう事は訊かない方が良さそうです、はい。僕は、事務機器屋さんに長くお勤めしてましたので、事務機器をお勧めするのは得意なんですが、映像機器はねえ……。

もう少し言わせてもらうと、田所家の財産としてのパソコンは、13年目、14年落ちの hp Compaq DC7800 SF というものがあります。

本体、4万円。メモリ、1万2千円。モニター、1万円。無線LAN子機5千円。

全部で7万円しません。

もうね、モニターの後ろにちんまりと隠れてしまうぐらいの大きさのコンピューターです。2008年だったっけかなー。いつだっけー。上新電機の購入履歴を見れば明らかなんですけどもね。

Windows 10 Pro の耐用年数が、2025年までとなっていますので、それまでは使い倒しますよ。

で、なぜネットウイングスがこうなっているかというと、工業高校の先生が、4ビットの、コアメモリのパソコン(?)を、化石になるまで大事にしていて、その様子を実習で見ていたために、横河ヒューレットパッカードという言葉がアタマに焼き付いたんでしょうね。今ではこういうロゴ見ないでしょう?

(横河ヒューレットパッカードのロゴマーク)

そんな昭和もあったもんでした(横河電機とヒューレットパッカードの合弁会社、現在では資本関係は解消しています)

ものは大事に、おカネは大事にしましょうね、というお話でした(・∀・)ノ

(文責:ネットウイングス執筆班 主筆 田所憲雄 拝)

ネットウイングス Netwings.JP

兵庫県尼崎市のネットウイングスです。お役立ちITコラムを発信しています。(主にAmeba Owndで)パソコンのお医者さんとして、ボランティア活動しています。 フォローされる方は、お気軽に。うちは会社ではありませんが、文筆業(コラムなど)情報・通信業(情報セキュリティ業・情報インフラ業)になるんでしょうね。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。