情報技術とは関係ない話ですが 迂闊にも血糖値469を記録し救急搬送寸前でした(NetwingsJ)

なぜか、太ももが痛く、アタマがボーっとしてふらつくと思ったら、糖尿病内分泌内科の町医者さんで今日測定した結果、血糖値が469を記録し、救急搬送されてもおかしくはないレベルでした。食べる以外に楽しみがなかったので、HbA1cの値(過去2か月間の血糖値の高さ)も10.0を記録し、医師から警告を受けたものです。これは、インスリン非依存型の糖尿病(Ⅱ型)です。親父からの遺伝です。

食べ物というのは正直なもので、人体で代謝されない糖類(含むデンプン質)は、人体に思いもよらない形で巡り、人体に影響を与えるものです。医院から帰って来てインスリン自己注射を打って、晩御飯は何も摂らずに横になっていました。「これぐらいの量はいいだろう」と思って、安価でコンビニエントな食事をしていたら、いつの間にかこの有様です。不摂生というのは恐ろしいものです。

夕食だけでも、ヘルシー食(おかずのみ)に置き換えられないか、仕出し弁当業者(兵庫県川西市:いこいの配食サービスさん)と明日、相談したいと思っています。

酒を1滴も飲んでいないのに、飲酒したかのような糖尿病の高値でした。寝ますね。ではでは。

【追記】4月7日、午前0時現在、血糖値は262まで下げました。只今緊急降下中です。頭痛、のぼせ、筋肉痛は、高血糖のサインだと思うようにします。

パソコンのお医者さん 思いも寄らぬ糖尿病の高値 ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.