友人のある牧師さん曰く「形のあるものを通して、形のないものに思いを致すのが宗教の役割」だと(NetwingsJ)

なるほどね、異業種交流会もたまには大事やね(笑)というわけで、ある牧師さん(高校時代の同級生)と、久々に長電話をしたもんですよ。

例えば、亡くなった人、例えば、亡くなった両親とかに思いを致す時に、何を介して弔いますか? それは、お位牌だったり、十字架だったりします。それは、人によります。

友人のある牧師さん曰く「形のあるものを通して、形のないもの(魂だったりそういうもの)に思いを致すお手伝いをするのが宗教の役割だと僕は思う」と言っていたことです。なるほどね、と思って聴いていたものなんですけどもね。その宗派では、復活祭前に断食もあるそうだとか。例えば、お肉を食べちゃダメとかね。部分的な断食だそうです。知らない事が多すぎる。

最近では、4月17日がイースター(復活祭)で忙しかったらしく、最近では、ゆで卵に色を塗らずに、そっち方面の書店で売っている、印刷された、お湯をかけて縮む、シュリンクフィルムか何かでやるそうです。なので、手が汚れずに済むというわけですよ。ペットボトルに貼るような、ああいったフィルムになっているから、卵に柄がつけやすいそうですよ。

うちは、知恩院系の浄土宗なので(近所では少数派で珍しいと言われるのですが)あまり縁がないと言えばないわけですけどもね。ご先祖さんがそっち方面なんで、あまり関係がない、と言えば関係がないのですけどもね。

というわけで、母の納骨も近く行われます。ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん パソコン修理業でもある ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。