あるくノ一の方に教わった、子プロセスをまたいだ値渡しのことを C#言語では「アクセス修飾子」内でその変数のスコープを決めるそうです(Microsoft/NetwingsJ)

いやあ、ツイッターも善用すれば、いろいろな学びがあったもんですよ。さっき教えてくださった内容なんですけどもね。昔のC言語とか、組み込み(エンベデッドシステム)C言語では「変数のスコープ」とか「グローバル変数」とか言っていたものなんですよ。

でも、最近の .NET 開発環境では、様子が異なるようです。教えていただいたのは、このページの「アクセス修飾子」という概念です。子プロセスをまたいだ、昔の「グローバル変数」のことを、マイクロソフト用語で、このように定義するようです(・∀・)ノ

Microsoft アクセス修飾子について(C#言語プログラミングガイド)

いやー、おじさん、30年前の知識では、あきませんわ(笑)アクセス修飾子。きょうまた一つ賢くなりました。あるくノ一の方、どうもありがとうございました。これから読みますね。まあ、眠気がさしたら寝落ちしますが(笑)

僕に書かせちゃうと、組み込みC言語脳をしていましたので、てっきりポインタ型を使って、グローバル変数みたいな振る舞いをさせるのか、と言ったら、最近ではそれはあまり一般的ではないそうです。実メモリには、まったく手を付けなくていいそうです。また、メモリ領域を出来るだけ節約するための、ガーベイジコレクション(ガベージコレクションと最近では言う)は、.NETコンパイラでは、全自動で、コンパイラさんにお任せ! と言う案配です。オジンが昔、チマチマとメモリを節約していた時のような手間は、あまり発生しない、ほとんど発生しないそうです。メモリ管理まで自動とは……世の中進んだな。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん オジンの脳みそリフレッシュ! ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。