技術的に修理出来ることと お客様のデータが保証できないことは二律背反します(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ 今すぐにでも、パソコン修理屋さんを、自宅の一角で開きたいのですが、なかなかいろんなハードルがあって難しいです。

例えば、ある方からパソコンを預かったとします。その際に「予めデータはご自身でバックアップを取ってください」ぐらいの念書を書いていただかないと、パソコン修理って、最悪のケースですと、もしかしたら、HDDやSSDの内容が吹き飛ぶ可能性があるんです。その確認を、予めしておかないと、あとから責任問題が出てきます。例えば「こら田所! お前の所為で、データ吹き飛んだやないか、どないしてくれんねーん!!」ぐらいのことは、ほぼほぼ大阪市なので、それぐらいきっつい言葉で言われかねません。そこは、予め「データは消える覚悟でおってくださいね」という意味で、どこの修理屋さんでも、念書めいた「免責事項」や「免責条項」を文章化しておくものです。パソコンを修理した人助けのつもりが、とんだ責任問題に発展しかねませんので、最初からそれはハッキリさせておくべき事柄だと(特に、営業支援課や、修理チームに配属されていた経験上)思います。

お客様あってのご商売なので、もしかしたら、古い傷ついたHDDを外してデュプリケーターでコピーして、換装するかも知れません。HDDからSSDへの換装時には、もしかしたらOSから入れ直すことになるかも知れませんね。あらゆるケースが考えられまして、お客様のデータが入ったものを、いじくるという作業は気を使います。

技術的に簡単に修理出来そうなことと、その中身のデータを担保する(出来るだけデータを壊さない)こととは別問題でして、それは二律背反するものです。相反することです。

また、予め「自作機はお断り申し上げます」と一筆添えておくことも重要だと思います。メーカー品と違って、どんなイリーガルな改造がパソコン本体になされているか、おいそれと理解できないからです。なので、予め自作機はお断り申し上げます、と一筆添えておくことも重要です。

なので、責任問題に発展すると嫌だなあ、という理由から、今ひとつ、パソコン修理ショップの開店には自信はあるけれど、データの保証となると、またそれは別問題ですよね、ということで、躊躇している次第です。

キャリア的に、CADオペ→DTPオペ→CS→インフラ構築SE→営業支援担当とステップアップしてきた僕には、失ったデータが、二度と戻らないことへの恐怖が常につきまとっているのです。

緊張感あるなあ。ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 覆水盆に返らず ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.