たまには、ブロードバンドルーターを初期状態に戻さないと「DNSキャッシュポイズニング」という罠にはまりますよ(JPNIC/NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ 呑気なおじさんです(笑)さて、古くて新しいDNSの汚染がありますので、ネットワーク管理者、機器担当者の方は、もうすでにご存知かと思いますが、念のために注意喚起します。

  • JPNIC/DNSキャッシュポイズニング・カミンスキー攻撃

要は、インターネットのパケットに、あっち行け、こっち行けと指示するドメインネームサーバーが汚染または、異なる場所を指し示していると、ろくなことがない、という証左です。

出来ることと言えば、ちゃんとルーターがルーティングの機能を正常に果たしているかの検証を、常々やっておく必要があるということです。

具体的には、正常動作時の設定ファイルを予め保存しておいて、荒らされた場合に即座に復旧出来るようにしておくこと。高度な攻撃の中には、ブロードバンドルーターのファームウェアまで書き換えてしまうツワモノが世の中にはどこかしらいますので、ご注意くださいね。ファームウェアをロールバック出来る体制をいつでも整えておく。これが重要です。

不揮発性メモリに入っているとは言え、メモリはメモリ。いつ誰に書き換えられるか分かりません。それは、個人宅のブロードバンドルーターにも、同じことが言えるのです。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 現役時代には習いませんでした ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。