OpenPGPの脆弱性に対応した「Gpg4win」(署名ツールシェアウェア)(NetwingsJ)

OpenPGPの脆弱性は、何もルーターばかりに限ったことではありませんよ。電子署名ツール(自己発行と、署名を解読するプラグイン)にも、脆弱性が修正されたバージョンがありますよ。こういう、オープンソースライセンスのシェアウェアは幾つかのOSであって、僕の知る限り、Windows版のGpg4winも対象になっていましたので、早速アップデートしました。iMac版もそうかもです。

  • GnuPG/Gpg4win 新バージョン公開ページとそのリンク

操作は至ってシンプル。自分で署名を発行する場合も、しない場合も、.exeファイルを実行してインストーラーを立ち上げて、チュートリアル通りに進めるだけですよ。

ご参考までに。ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 電子署名ツールも大事です ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。