Windows 11 「KB5022913」と サードパーティー製UIカスタマイズアプリの組み合わせで起動出来ない不具合(ITmedia PC User/NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ 眠れない(ノД`)・゜・。 疲れた(笑)明日は休むぞー。

この更新プログラムのインストールは、少し待ってくださいね。ソフトウェアのある組み合わせで、最悪の場合、Windows 11 が起動出来ない不具合があるようです。少し待ってくださいね。注意深くインストールしましょう。

  • Microsoft Windows 11 「KB5022913」バージョンアップ

下記の通りの不具合報告がありますので、インストールするのはちょっと待ってくださいね。

  • ITmedia PC USER/パッチ「KB5022913」の適用でWindows 11が起動不能に

これは、一部のサードパーティー製UIカスタマイズアプリを使用している場合、Windows 11 22H2 向けのプレビュー更新プログラム「KB5022913」をインストールすると、Windows が起動出来なくなる不具合が報告されている模様です。

影響を受ける既知のサードパーティー製UIカスタマイズアプリはExplorerPatcherとStartAllBackの2つ。これらのアプリはサポートされていない方法でカスタマイズを行うことが多く、その結果、Windowsデバイスで意図しない結果が生じる可能性があるとしている。
回避策としては、KB5022913をインストールする前にこれらのサードパーティー製UIカスタマイズアプリをアンインストールすることが推奨されている。なお、StartAllBackに関しては、最新バージョン(v3.5.6以降)に更新することで、この問題を回避できる可能性があるとのこと。
Microsoftは現在調査中とのことだが、問題が発生した場合には、使用しているアプリの開発者に連絡するようにとしている。

なので、サードパーティー製UIカスタマイズアプリは、一旦アンインストールしてから、OSにパッチを当てて、それから同アプリを再インストールする分には影響がないようです。

うちは、そんな面倒なものは入っていませんので、躊躇なくインストールが出来るというものです。

ではでは(・∀・)ノ やれやれ、そんなサードパーティー製アプリがあるとは……。

パソコンのお医者さん サードパーティー製UIカスタマイズアプリに注意 ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.