迷惑メール? うちでは無視無視削除です(日本データ通信協会/NetwingsJ)

迷惑メール、うちに限らず多いようですね。旧総務省所管の「日本データ通信協会」の中の「迷惑メール相談センター」にも、問い合わせがあるようですね。まあ、うちは、無視無視削除の原則で手の内は明かさないんですけどもね。日本データ通信協会さんでは「迷惑メール白書」を作るお仕事もされており、広く、こういう迷惑メールが来てますよ、注意してくださいね、といった注意喚起も、お仕事のうちの一つだそうです。

日本データ通信協会/迷惑メール相談センター(トップページ)

ダメだ、総務大臣や消費者庁長官への報告だけでは、よう防ぎきらん。防衛省や警察とも連携せなアカン。こと、国外サーバーから来ているので、外務省とも連携して、当該国に厳重に抗議するぐらいしなきゃダメですよ。日本国民をお守りなさい? まあね、企業・ブランドになりすました偽メールにご注意ください、と書いてある(笑)ので、日本中のネットワークに余計なトラフィックの負荷を与えているんでしょうね。きっと。

もう、逐一晒すのが、殊更面倒くさいほど、アマゾンガーとか、銀行ガーとか、いっぱい来るんですよ。一日の中の半日ぐらいを、その対処に追われる場合があります。まあ、その大半は、個人情報の変更を促すふりをして、カード情報を盗み出すものでして、まあ、率直に申し上げて、カネ目当ての犯行でしょうな。自分自身で、覚えがないのに来る場合は、まあ、十中八九偽メールでしょうな。

電子メールは、なるべくパソコンで受信するようにしています。スマートフォンでは、誤って偽リンクをタップしちゃう場合がありますので、それは出来るだけやめたほうがいいです。

出来るだけパソコンで受信するようにしています。安全に配慮した上で、見分け方のコツとしては、メールのリンクの上で「本来のURLとは違うリンク先が表示された場合」かつ「リンクの上で、クリックせずにマウスカーソルをホバーさせて、リンク先のURLを確認してから」これは迷惑メールだ、いやそうじゃない、という判断が出来ます。

ヤマト運輸を騙る電子メールが、1日に一度に17通来た時には、呆れて笑っちゃいましたけどね。そんなにたくさんの荷物は来ない(笑)いかにアホの一つ覚えだということが理解出来ますね。

そのためには、自分のアタマの中で、正規のURLの「ホワイトリスト」を作ってリストアップしておくとか、国別トップドメインレベルが、明らかに覚えがないドメインで、かつ、第三国の場合には、偽サーバーからの発信からだと思って、迷惑メールに分類しておくとかね。然るべき場所に送信転送するとかね。対処法はいろいろです。

で、送信元サーバーの素性を調べ上げたら、エンジニックス(あるいはエンジンエックス)サーバーという、立ち上げ簡単、管理が簡単なLinuxサーバーから来た、ヘッダは詐称しているケースが多いように見受けられます。

幾らメッセージのヘッダを詐称していても、送信元IPアドレスは、サーバーの場合は固定で振らなきゃいけない決まりになっていますので、おんなじIPアドレスの送信元から、違う種類の迷惑メールが届く場合があります。つまり「会社違う振りしてるけど、送信元サーバーの素性は一緒じゃんか?」というわけです。そこで、区別が付くというものです。

このように、社会問題化しているにも関わらず……政治家、仕事しろよ! 票田の心配ばかりしてるんじゃないよ!

ではでは、本格的なボヤキが始まらないうちに、これぐらいにしといたらあ(笑)

パソコンのお医者さん 注意喚起 ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.