【Ado】永遠のあくる日(NetwingsJ)

なんだか、父母が病気で死に晒した時を思い出してしまいました。どちらの斎場にも行き、特に母親は、直接葬儀をし(家族葬)直接(葬儀業者さんの力を借りて)自分で斎場に持ち込み、焼いてもらった、荼毘に伏してもらった経験があるのですよ。

どんだけ威張っていた人でも、どんなに饒舌な人でも、どんなにおカネを持っていた人でも、それらを、天国や地獄に持ち込むことは出来ないんです。死んだら終い。無に帰すだけです。ちょっと酸化した骨片になり下がるだけなんです。

どんな偉人も有名人も、どんな金持ちも大富豪も、死んだら終いなんです。無に帰るだけなんです。

そこには、何も持って行けない。言葉も、思い出も、名誉も、肩書も、履歴の全ても持っては行けないんです。

【Ado】永遠のあくる日

そこには、何も持って行けない。意識も、無意識さえも、何も持っては行けません。思い出も、言葉も、全てが無に帰するだけなんです。終わりなんです。

「あの世があるといいね」と願う行為は、人間の儚い希望なんです。この世の続きのようなことが、もしあの世があるのなら、僕たちはどうなるのだろうと、儚く願う祈りの一種なんです。

もしも本当にあの世があって、ここから見えるのなら、ここから一度見て見たいもんです。でも、実際に見られない、見に行けないということは、次に来るのは、自分が無に帰した世界だからなんでしょうね。もし本当にあの世があるのなら、ここから一度は拝見したいものです。

僕はとりあえず、来世なんか信じない。転生なんてあり得ない。そう思っています。

もし、人生が二度あってごらん? ややこしいことこの上ないです。だからこの世は、多分、人生は一度きりなんでしょうね。誰かが言いました「人生二度なし」ってね?

でも、本能がそうさせるのか、なぜか両親祖母の遺影の前に、影膳をして、ご飯を取り替えて、なんてするのは、どうしてなんでしょうね。可笑しいね。もう、どんなに泣いたって、叫んだって、もう二度と、戻っては来やしないのに。

ではではー。

パソコンのお医者さん 両親を荼毘に伏したからね ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.