禁煙外来で処方される「チャンピックス錠」(NetwingsJ)

肺の中の呼気も、禁煙前32ppmの一酸化炭素があったものが、禁煙後2週間で2ppmになったということは、これは進歩です。前進です。空気が旨いとか、畳や食べ物などの匂いがわかるようになって来たとかは、つい最近のことです。

右下の「チャンピックス錠」追加を頂戴して来ました。これが48日間以上は続くのです。(計12週間以上、以降実費で保険適用外)かなりな試練です。不安にもなるし、緊張感もありますが、都度紛らわすように努めて心がけています。これを飲んでも、少しは神経からドーパミンが出るので、まったくタバコを止めるよりは、このような禁煙補助剤を用いる方が、快適にタバコをやめられそうです。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。

ネットウイングス Netwings.JP

パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。特に、サイバーセキュリティは専門用語ばかり。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、解説付きで解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)