印刷会社時代の総務部長に18年ぶりに総合病院のある科で再会(NetwingsJ)


人の縁とは不思議なものですね。印刷会社時代の元総務部長とその奥さんが、僕と同じ診療科に同じ時間帯にかかっていたのです。僕の病気は、命には直接関わらないし、大したことはなかったのですが、総務部長の奥さんが、こぶ状に出来るがんを患っておられ、パジャマを用意する間もなくブラウス姿で入院確定です。よりによって。腕に入院バンド付けて。お大事になさってください、としか申し上げようがなくて、内心とても気の毒だ、という思いで後姿を見送っていました。

そんな不幸な総務部長、現在82歳。耳も遠くなく、ぼけもなく、背中が曲がることもない、健康なおじいさんです。阪神大震災当時、総務部の割れたガラスを一緒に拾った仲です。この方が総務部長に就任してから初めて雇った人間が田所だった、というわけです。当時はご心配をおかけしました。主に、精神疾患について。(旧)兵庫県立尼崎病院の神経科に出張って、部長先生から直接話を訊かれるぐらい熱心な総務畑の方です。元地元洋菓子メーカーの総務部におられた方です。そして、伊丹市民です。

このように、人間の幸か不幸かは、一概に測りかねるものでして、思いも寄らない時に、病は襲い掛かって来ます。どんなに健康に気を付けていても、がんにはなるものです。国民の約半分が。なんかなあ……どうしようもない、誰にも言えないし、何だか重たい気持ちで家に帰って来ました。そんな僕の近況報告でした。がんにだけはなりたくはないものですなあ。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。

ネットウイングス Netwings.JP

パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。特に、サイバーセキュリティは専門用語ばかり。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、解説付きで解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)