モノを所有することから、モノから得られる体験を買う「サブスクリプションビジネス」というものがあるようです(電通報)

本来、情報技術・情報処理の世界では、例えば、Office365 を「年額・月額で利用する」ことを、マイクロソフト・サブスクリプションとか呼んでいたのですが、ごく最近では、モノを所有せず、利用・体験を、例えば月額で購入すること全般を、サブスクリプションビジネス、というようです。

電車は所有できませんが、電車に乗ってどこかに行くことも「サブスクリプション」と呼べるのでしょうね。もっと簡単に言うと、遊園地のチケットを買うことも「サブスクリプション」と呼べるのでしょう。やがて、これが、ありとあらゆるモノに波及していくことも考えられます。

必ずしも、モノを持つことがステイタスではなく、モノを「時間借り」して、モノから得られる体験を買うこと。例えば「貸衣装でもいいのよ私、ウエディングドレス」みたいな。必ずしも所有欲を満たさなくても、体験は満たされます。専修大学の商学部教授の方が、ラジオで仰るので、ちょっと記事にしてみました。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

※このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です※

ネットウイングス Netwings.JP

パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。特に、サイバーセキュリティは専門用語ばかり。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、解説付きで解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)