楽ではないけど節約はいやっちゅーほど出来ます(マネーフォワードME)

もうね、これを使い始めて1年半。自分の支出のどこが赤字の原因で、どこで何を買ったら高くつくか。どこにどれだけの現金や預貯金を置いておけば、暮らしがスムーズにいくか。ようやく見込みがついて、理解できるようになってきました。なので、これを導入、即、家計の改善にはならないのですが、どうにかこうにか赤字にならないような暮らしぶりが出来るようになりました。

まず、アプリ(ウェブも含む)の成り立ちが、金融機関の連携が金融機関のアカウント(IDとパスワード)のみ預かって情報だけ取って来る(金融機関のAPIを使う)ので、おカネ本体をいじられない安心感があります。勘定系のプロが作っているので、暗号化も大変優れています。

ただ、これを漫然と使っているだけでは不十分で、家にはカシオ計算機の会計電卓が2台ありまして、日夜フル稼働です(笑)現金で出ていく部分の収支をハッキリさせるためには、金融機関からの情報のみでは不十分で、自分が現金をいつ幾ら動かしたかを計算しないと、家計簿に矛盾が生じます。そこは、普通のノート式、エクセル式の家計簿とあまり変わりがありません。

あとは「よし、オレは節約するぞ!」という「無駄遣いをなくす強い心」がないと、まずこの会計は破綻します。それさえクリアできれば、マネーフォワードMEほど心強いものはありません。現に、700万人の方がご利用中です。いろいろなアワードを受賞したアプリ(サービス)です。

皆様もいかがですか。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

※このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です※

ネットウイングス Netwings.JP

パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。特に、サイバーセキュリティは専門用語ばかり。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、解説付きで解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)