【残念】GMOインターネット傍系 ビットコインマイニングから撤退(CNET Japan, NHK)

子会社でスイス法人のGMO-Z.com Switzerland AGと、その傘下の外国法人2社にてマイニングセンターの運営を開始。しかし、仮想通貨レートの下落や、想定以上のグローバルハッシュレートの上昇などにより、計画通りのマイニングシェアが得られず、収益性が悪化していた。

(引用:CNET Japan)

自社でのマイニングは続けるものの、マイニングマシンの一般販売は、もうされないそうです。1台幾らなのかな? 電気どんだけ食うのかな? 1台欲しくなりましたが。

これか……売り切れ。というか「GMO miner B2/B3 の販売を停止します」とのことでした。掘削する人がいなくなったら、また、価値が暴落したらこうなっちゃうんだぜ、ということでした。

引用:CNET Japan

引用:2018/12/26 深夜0時半のラジオニュース(NHK NEWS Web)

ネットウイングスが大変お世話になっているGMOインターネットグループ。まあ、仮想通貨をこれ以上やっても、採掘しても、もう儲けにならないとご判断されたようです。損切りですね。

損切りして、来年はハッピーに過ごせますように。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

※このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です※

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、パソコンは安全・快適でありたい。特に、サイバーセキュリティは専門用語ばかり。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、解説付きで解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)