ネットウイングスのホームページを全ページ見回って Mixed Content(非HTTPS)が無くなるように記事を整理削除しました(NetwingsJ)

ここで言う Mixed Content とは「混在した記事」という意味で、もっと言うと「HTTPとHTTPSが混在して安全が担保できない記事」ということです。約220記事あったものを、約200記事まで編集、縮減していきました。その結果、大体どこの企業・団体がサーバー証明書の実装に消極的で、あるいは積極的なのかが分かりました。

上記のスクリーンキャプチャのように、左上と右下(Google Chrome で F12 キーを押すと出て来る表示)に気を配りながら、少しでも Mixed Content があれば、修正するか、あるいは一思いに削除するかのいずれかの対応を取りました。なぜか。

毎日のように「それでは皆様、どうかご安全に!」と書いているネットウイングスが、ブラウザにビックリマークを出すわけにはいかないだろう、というわけです。全部の記事を、スクロールし、過去記事に進める。ビックリマークが出てきたら、管理ページで消すか、安全ではないリンクを編集して消すかのいずれかの対応を取ったので、マウスを握る右手の人差し指が冷たくしびれたのと、右手首が案外だるくなった、というのがアナログ的なつらさでした。おかげさまで、ここは取り合えず通信的にはセキュアな状態になりました。惜しい記事も失くしましたけどね。

それでは皆さん、Mixed Content をなくし、ドメイン認証SSLをご導入のご検討をいただき、どうか安全にお過ごしください。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。

ネットウイングス Netwings.JP

パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。特に、サイバーセキュリティは専門用語ばかり。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、解説付きで解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)