電気>ガス>灯油の順に確か燃料費調達コストが高かったと記憶しています(NetwingsJ)

詳しくは、電気>プロパンガス>集合プロパン>都市ガス>灯油か何かの順に燃料費調達コストが違っていたような気がします。あくまでもうろ覚えですが。その昔、LPG蒸発器・周辺機器メーカーの設計職に就いていたもので、確かその時にこの順番を習ったような気がします。なので、中庸はガス、ということになります。蛇足ですが、都市ガス(LNG)は水と炭素に完全に分解されませんが、LPガスは、燃焼後、水と炭素に完全に分解される(はず)と聞いています。

換気にさえ注意すれば(そしてその他可燃性ガスに注意すれば)ガスほど冬場に助かるものはありません。そこは断言しておきます。ただし、あまりにも寒冷地だと、LPGボンベが気化しづらいだとかは聞いています(ボンベ表面から気化熱を受け取れないため)そこで、ベーパライザー(気化器)の出番なのですけどもね、それはまた別なお話。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

※このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です※

ネットウイングス Netwings.JP

パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。特に、サイバーセキュリティは専門用語ばかり。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、解説付きで解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)