Windows 10 のネットワーク接続設定で、従量制課金接続の設定をしたまま、Office365 の更新プログラムのダウンロードをしようとすると途中で終了する(NetwingsJ)

これは、マイクロソフトサポート(テクニカルサポート)の方に教えていただいた結果、正常にアップデートができるようになった、ということです。なお、最近では、Outlookから更新通知が来るようになっています。ここで「今すぐ更新」ボタンを押しても、従量制課金接続のままだと途中で終了してしまっていたのです。

※なお、お支払いは済ませているよ! ちょっと遅れたけど(笑)

これを「設定」→「ネットワークとインターネット」→(当該接続の)プロパティの中の「この接続を従量制課金接続にする」みたいなスイッチをオフにして戻り、一旦 Outlook を終了させて、再度立ち上げ直したら、通常通りダウンロードされるようになりました。

こういう表示が出なかったのですよ。出ても途中で消えちゃう。なんでだろうな、と思っていたら、マイクロソフト テクニカルサポートのアズマさまに教えていただいたら出来ました。今回の件に関しましては、アズマさまに謝意を申し上げます。ありがとうございました。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。

ネットウイングス Netwings.JP

パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。特に、サイバーセキュリティは専門用語ばかり。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、解説付きで解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)