Windows 10 で、時刻を日本標準時サーバーに合わせてみよう(NetwingsJ)

※この記事は誤りがある上に、古いものです。以下のリンクから正しい設定をお願いします※


まあ、Windows Time サーバーでも実害はないのですが、より遅れが少ない日本標準時サーバーに時間を合わせてみましょう。なお、オンプレミス環境のサーバーから時刻が提供されている場合は、管理者に従ってください。

Windows アイコン→歯車マーク(設定)→時刻と言語→日付と時刻→(右上)日付、時刻、地域の追加設定(クリック)→(別ウインドウが立ち上がる)日付と時刻→日付と時刻の設定→インターネット時刻(タブ)をクリック→設定の変更(ボタン)をクリック→ ntp.nict.jp を入力して「OK」

もっと拡大すると、こんな感じです。

ここまでたどり着ければ「OK」を押して戻るだけ、開いたウインドウを閉じるだけです。あらかじめ、Windows Time が設定されていると思いますが、気にせず日本標準時サーバーに書き換えましょう。なお、日本標準時の詳細はこちら(下記リンク)

http://jjy.nict.go.jp/tsp/PubNtp/index.html

別ウインドウが開きますので、ご注意ください。これで、あなたのパソコンも、日本標準時。多少の遅れ(0.6秒とか)はありますが、Windows Time ほどの遅れは、たぶん生じないと思いますよ。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。

ネットウイングス Netwings.JP

パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。特に、サイバーセキュリティは専門用語ばかり。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、解説付きで解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)