DTI 光シンプル IPv6(IPoE)サービスについて(NetwingsJ)

うちの場合、そのままDTI「光シンプル」に乗り換えた方が、何かとお得なんです。そこで、負担なくインターネットを利用する(IPv6網にIPv4網をトンネリングする)方法に、こういうものがあります。DTIの回し者じゃないよ!(笑)あくまでもうちの事例として、ご参考にしてください。

この場合、最新の(IPv6対応の)ホームゲートウェイがあれば、後は無線LANルーターが IPv6 に対応しているかどうかの心配をすればいいんです。うちのルーター、たぶん対応していないから、何かと物入りです。バッファローのルーター、うちの場合、現在未対応みたいです。

(1)設定の仕方(プロバイダ⇔ONUまたはホームゲートウェイ⇔無線LANルーター間)

プロバイダ⇔ONUまたはホームゲートウェイ間は、申し込み後、接続設定が正しければ、ただ座して待っているうちに、1~2日電源を付けて待っていれば、自動的にIPv6対応になります。また、PPPoE(IPv4のPPPオーバーイーサ)とは異なり、接続IDとパスワードを設定する必要はないそうです。後は、ONUまたはホームゲートウェイ⇔ブロードバンドルーター間の接続確認が出来ていればOKだそうです。但し、条件がありまして、ONUまたはホームゲートウェイがIPv6対応機種でないと出来ないということ。そして、無線LANルーターのファームウェアアップデートがされていないと、IPv6接続にはならない、という点です。ご注意ください。また、無線LANルーター⇔パソコン間は、初期設定の時だけ有線でつないで、バッファローであれば「エアステーション設定ツール」か何かに接続の設定はお任せした方が良いように思います。

※ただし、IPv6対応ルーターは、対応機種一覧を必ずご覧ください※

ちなみにうちでは、IPv4用ルーターしか動いていないので、買うとすればこれぐらいですかね。とほほ、また物入りになっちゃうよ。

うちは一軒家でもないので、アンテナがニョキニョキ生えている機種は必要ないかなと。最低限、IPv6 に対応してれば、それでいいかな、もう満足です、といった感じです。ご参考までに。

(2)このサービスはどんなサービスか

IPv4のアドレスは、現状、世界中で枯渇しています。そこで登場したのが、IPv4を拡張したIPv6という通信規格なのです。まあ、下記の解説を読んで字のごとくです。(プロバイダの)網終端装置がボトルネックになっており、自ずと速度低下が起きるので、NTT東西が提供する次世代ネットワーク「NGN網」を直接使えば、徹頭徹尾、速くなるんじゃないの? というわけです。

この場合、家庭の網終端装置ではなく、NGNとプロバイダの境界にある網終端装置を意味します。ここがボトルネックになっていたので、それを改めようよ、という試みです。じゃあ、今までのIPv4のサーバーへはどうやって接続するの? ということなんですが、まず、アクセスプロバイダで自動切り替えが行われます。IPv4網と、IPv6網を手動で切り替えるのは正直手間です。なので、この場合、利用者はアクセスするだけで、アクセスプロバイダ任せでブラウズやメールをするだけです。

3)速くなるのは通信速度のせいじゃなく、混雑要素を回避できるため

あくまでも、IPv6はプロトコルの名前であって、混雑の少ないネットワークに接続するために使う通信プロトコルであり、通信速度については、あくまでもベストエフォート型であるということです。

対応機種など、その他もろもろは、都度お使いのプロバイダさんのページをご参照ください。ここは特に、昔から IPv6 対応に熱心なアクセスプロバイダさんなので、ここを取り上げました。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。

ネットウイングス Netwings.JP

パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。特に、サイバーセキュリティは専門用語ばかり。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、解説付きで解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)