Appleの仕様変更で Windows版 iTunes は、マイクロソフトアプリストア配信に変更(NetwingsJ)

まあ、うちではごく普通にエラーもなく使えていますけどね。x64版です。今までは、Apple のダウンロードページからダウンロードしていたのですが「iTunesについて」をクリックしたら、いきなりマイクロソフトアプリストアに飛んだので、びっくりはしましたね(無料です)

中には「動かねえぞコラ」とか「iPhoneが認識されねーぞコラ」というレビューから「自動で更新されて便利です」という好意的なレビューまであって、ハッキリと感想が分かれています。賛否両論拮抗していると申しますか。人のPCスキルはそれぞれで、自力で問題が解決できる人と、そうでない人とに分かれて来るのでしょうね。中には、新しいものにイチャモン付けるのが趣味な方がおられるようでして。うちはとうに iPhone を手放していて、音楽購入プラットフォームとしてだけ使用しています。URLがややこしいので、説明が難しいのですが「マイクロソフトアプリストア iTunes」か何かの語句で検索していただければ、一応、ダウンロードが出来るようになっています。

こう書いてありますが、データの移行にしばらくかかるのと(初回のみ)アプリ以外のプログラムのアンインストールに時間がかかる(初回のみ)だけです。スマートフォンをつないでみないと評価できないんですけどもね。音楽を聴くだけだったら、従来通りの操作と同じです。音質も、そんなに変わったところはないようです。ではでは。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。

ネットウイングス Netwings.JP

パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。特に、サイバーセキュリティは専門用語ばかり。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、解説付きで解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)