新しいハードウェアバスについて勉強中(PCIeなど)(NetwingsJ)

こういう本職をしているとね、勉強って終わらないんですよ。エンドレスなんですよ。技術の進歩と共に歩まざるを得ないんです。基盤を見て「なにこれ?」では済まされないんです。常に分かっておかないと修理ができないんです。例えば、これとか。

それとも、NANDメモリでできたハードディスク用のこれとか。

あのね、なんでNANDメモリというか、素子を使うかというと、半導体素子の製造プロセスで、一番簡単に大量に作れちゃうものが、NANDメモリなんですよ。作りやすいということは、フォトレジスト次第で、いくらでも集積度を上げられるんです。なので、容量が増やしやすい。簡単に言うとそんな感じです。

そして、なんでPCIeって、なんで普通のPCIバスじゃダメなの? という話なんですが、PCIバスだとレイテンシ(転送速度)が遅いんです。もっと速くしろ! というユーザーのご要望にお応えして、インテルが開発した新規格なんです。

いくつになっても勉強は続きます。病気で寝ている間にも、技術は進歩します。ではでは。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

※このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です※

ネットウイングス Netwings.JP

パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。特に、サイバーセキュリティは専門用語ばかり。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、解説付きで解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)