脆弱性をなくすために、Windows Update(定例5月)と、Adobe Acrobat 製品のアップデートを適用してください(NetwingsJ)

これはね、もう毎月のように脆弱性攻撃を防ぐパッチって、特に欧米のソフトウェアベンダーに多いんですけどもね。もう少しよく考えて組んでからソフトウェアを出荷しろよ、という気持ちにならなくはないですけどもね。あの国のことだから「OK、レッツゴー!」と出荷しておいて、いざ脆弱性が見つかったら「パッチ当てをばらまいたらいいじゃん」って具合でしょうか……それじゃあ、エンドユーザーが、とてもお手数で、非常に手間なんじゃ!!(怒)

……まあ、外資相手に怒っても仕方がないので、怒るのをやめにしますが、要は、Windows Update をしてください。Adobe Reader など、PDFを扱う製品のアップデートをしてください。でないと、最悪の場合、パソコンに侵入されて、パソコンを好き勝手にされてしまいますよ、ということです。そういうことです。詳細は下記です。

それに加えて、Adobe Flash にも脆弱性があるようでして、それもアップデートをかける必要があるようです。

風邪を引いていて、カレーパンと水しか喉通りが良くない……むしろ、自分自身の脆弱性を心配しろ、と言われそうですが(笑)これ書いたら寝ますんでご心配には及びません。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

※このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です※

ネットウイングス Netwings.JP

パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。特に、サイバーセキュリティは専門用語ばかり。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、解説付きで解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)