メディアをやっていて思うこと メディアは時に黙るべきではないかと(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ 田所です。いろいろと思うんです。気象庁が強い口調で大雨情報を発表した、これはまあいいでしょう。危機感があるということで。それに連られて、常に強い口調で報道するNHK第一放送。これはいただけません。手紙でもメールでもそうです。あまりにもビックリマーク(!)を入れられると、果たして何が重要か分からない。そして、メディアの情報は、時に視聴者さまの疲れを招きます。日米欧のメディアやIT企業は、人間の疲れに配慮してこなかった。それもまた然りです。伝えすぎると疲れちゃう。他へ走っちゃう。そして、肝心なことが伝わらなくなる。

情報は、混乱を避けるために、時に止めるべき。止めたがために混乱する場合は、伝えるべき。そしてメディアには思慮分別が必要なんじゃないのかなと、薄々感づいています。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。

ネットウイングス Netwings.JP

ようこそネットウイングスへ。ご用件は上の文字列へ、NEWSは下スクロールしていただき、画像の下にあります。なお、このコンテンツは、スマートフォン、タブレット端末でも見られます。パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。「ITはちょっとね」と仰る方に限ってご覧いただきたい。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを含め、解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)