頭痛と糖尿病をいい方向に持っていく漢方薬(五苓散)っていいチョイスじゃね?(NetwingsJ)

思うんです。これまで、かぜの引き始め(葛根湯)、かぜが重症化したとき、気管支炎に来たときに飲む(小青竜湯)お薬はあったのですが、むくみと下痢と頭痛と糖尿病を広範囲に改善してくれるお薬って、西洋医学にはないですよね。つまり、体内が水余りの状態になっている場合の諸症状を緩和してくれるのが、今回いただいた「ツムラ五苓散エキス顆粒」なわけですよ(医療用)

なぜ箱ごともらうのか、というと、消費期限が箱の横に黒地に白色で印刷されているからです。これで、いつまでに飲めばいいのかが、最終消費者にもわかる、というものです。葛根湯が今回の風邪で少なくなってきているので、今度はこれかな? まだ先になりますけど。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。

ネットウイングス Netwings.JP

パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。特に、サイバーセキュリティは専門用語ばかり。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、解説付きで解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)