コンピュータも英語も、やっていたら詳しくなってきました(NetwingsJ)

例えば、野菜は切って覚えるように、コンピュータは「仕事で修理していたら、自動的に詳しくなってきた」というのが本音で、株式会社アクテック(大阪)さんの最初のウェブを真似して「英語のメッセージを作って、機械翻訳を触っているうちに、ようやく詳しくなってきた」ということです。

まあ、何にせよ、慣れですよ、慣れです。

情報セキュリティも慣れです。「あ、このメール怪しいな」という皮膚感覚がついてきます。怪しいメールは疑うべき。巧妙な詐欺メールに引っかからないよう注意して過ごしています。

しょうがなく、情報弱者の方々に、コンピュータの使い方を教えているうちに、詳しくなったり、やむを得ず出向いて、情報弱者の方々が壊したコンピュータを直しているうちに、詳しくなりました。ちょうど、ディーラーお抱えの板金工さんが、クルマをいじっているうちに、クルマの構造にも詳しくなった、と例えることが出来るでしょう。

場数を踏むことです。そして、若い頃「これって無駄な仕事じゃね?」と思っていたことも、将来役に立つものです。礼儀作法、マナー、FAXの送り方、ビジネス文章の起案の仕方などなど。これらは全部現場で身に着けたもので、封筒(郵便)や、メールの送り方も、礼を失しないように気を付けて過ごしています。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。

ネットウイングス Netwings.JP

パソコンのお医者さん、それがネットウイングスです。パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。「ITはちょっとね」と仰る方に限ってご覧いただきたい。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを含め、解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)