楽天市場で最近「これ欲しい!」というものがあまり見当たらないんですよ(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ 以前は産地直送あじの干物とか、トレビーノカセッティだとかを、ちょくちょく買っていたのですけどもね。最近「これ!」っていうものを見かけないです。なぜなら、実店舗のスーパーに行った方が安いから。お魚も新鮮だから。自分自身の購買履歴を見てみると、上新電機さんのデジカメをわざわざ楽天市場で購入していたのですが、これって、手間じゃね? 上新電機ウェブで購入した方が早くね? ということなんです。それよりも安くて早いのが、近所のヤマダ電機に自転車こいで走って、現金払いで安く買うことです。それなら送料がかからない。

どこのサイトにも言えるんですが、そのお店(ネットショップ)で使えるポイントを付けてもらっても「それって、利益の中に含み済みなんじゃね?」「あらかじめ、ポイント分の金額を商品単価にオンしてるんじゃね?」という、疑いの目を持つようになってきました。賢い消費者(・∀・)ノ

ここ独特のやりかたとして「お買い物マラソン」ってあるんですが、それって、三木谷さんの手のひらの上でコロコロ転がされているだけなんじゃね? なんで、お買い物をマラソンする必要があるの? と、これまた疑いの目を持つようになってしまっている自分がいます。そして、あまねくネットベンチャーに言えるのが、必ずクレジットカードをお客さんにつかませようとすることです。マネーフォワードしかり。アマゾンしかり。僕なんか「誰がそんな金利の高いカネを借りてやるか!!」と、都度激怒するんですけどもね。身分不相応な借金をしてまでものは買わない。おカネがないときはものを買わない。これもまた、手のひらで踊らされないようにするひとつの方法だと思うのです。むしろ、銀行系デビッドカードで決済できないようにしている方が悪い。

アマゾンでもそうなんですが「アウトレット」「目玉商品」と言えば聞こえがいいですが、要は「売れ残り」や「半端もの」じゃね? と、これまた猜疑心を抱くようになっている自分がいます。安物買いの銭失いとはよく言ったもので、良い品物を、ちょっとお値段張るなあと思っても、後々長持ちして、末永く使うことができます。僕のカッターシャツ(イズミヤ)日清紡SSP(形態記憶シャツ)なのですが、かれこれ13年間はアイロンがけも、漂白剤も、糊付けもいらずにパリッとしています。ドライクリーニングに出さなくても、パリッとシャキッとしているのです。

また、パナソニック(ナショナル)の家具調コタツ。75センチ角。これは、千葉の第一家庭電器DAC千葉店でバイトしていた平成2年に購入したもので、いまだに現役です。ちょっと電源コードがほつれて来たかな、とは思うものの、いまだに現役です。そろそろ替え時かな??

キャッシュレス決済ブームに流されずに「ほしいものはおカネを貯めて買う」という、至極当然の結果に落ち着いたわけです(・∀・)ノ

一度、立ち止まって考えてみてください。ものを買う、ということが、どういうことなのかを。

パソコンのお医者さん ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。

ネットウイングス Netwings.JP

パソコンのお医者さん、それがネットウイングスです。パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。「ITはちょっとね」と仰る方に限ってご覧いただきたい。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを含め、解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)