このまま DTI で行くと「DTI 光」というものになるそうです(DTI, NTT西日本)

どうも(・∀・)ノ 決まりと窓口が多い国に辟易している管理人です。お世話様です。本当にこの光回線は、非関税障壁だと思うんですが。これ、説明を受けた日系日本人ですら、よく分かりません。

前述のは誤りで、正しくは新規申し込み(フレッツ光ネクスト)の場合は、これになるそうです。

こういうことです。つまり、

1)大阪06局番(メタル回線の番号)を、光回線に付け替える工事がある。また、一旦今の番号を廃止または休止してしまうと、番号を失うことになります。

2)主番号が500円/月(税別)、副番号(2ポートめのアナログ)が300円/月(税別)で、付加サービスが別途必要です。

3)電話回線(メタル→光)の場合、旧居(空き家)に電話が着信するケースが出て来るということです。新居の光回線に電話が通るのは、その工事日によります。

電話だけでもこういうルールがあるので、ネットに至ってはもっと大変です。

4)ホームゲートウェイは、NTT西日本の工事班が持ち込む機器に依るので、どの型式のどのメーカーのものが入るか分からない。ただ、無線LANのある/なしについてはユーザーが選べるそうです。

5)事実上の2年縛り(フレッツ光はじめ割)を使えば、基本使用料が少し安くなるそうです。

6)月額固定タイプ<月額変動タイプの順に、最大支払う料金が高くなるそうです。月額固定の方が結果、どれだけ使っても安いらしいです。それに、プロバイダ料金がオンされるそうです。

7)新居にMDF(端子)室が出来て、そこに光が通って初めて、そこから宅内に引き込めるそうです。どんなタイプでも。MDF室まで光回線が来ていないと、MDF室がないのと同じ状態だそうです。

あーメッチャ難しい。でも、あーすっきりした、という気持ちにもなりました。ちなみに、苦情の受付先ですが、光コラボでプロバイダに卸している場合は、問い合わせはプロバイダに。フレッツとプロバイダが別々になっている場合は、それぞれに問い合わせる。そういう仕組みだそうです。

今度は、116さんじゃなくて、アクセスプロバイダさんに問い合わせてどうか、ということを訊いてみたいと思います。素朴な疑問がいっぱーい。ではでは(・∀・)ノ

8)メールアドレス(Ubicプラン)をそのままにしてDTIの光回線を申し込む場合は「DTI光」になります。また、DTI SIM 割引も、SIM契約はいつ解約してもしなくてもOK。

9)なお、IPv6オプションはこの場合「OCNバーチャルコネクト」を使うので、このように設定いたします。

よかった対応していて。また借りないかんとこでしたっす。危ない危ない。良かった良かった。

あーしんど(笑)( ´∀` )

パソコンのお医者さん ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングスです。サイト開設通算18周年記念。パソコンはじめ、IT技術を易しく深く知るための総合情報メディア。「ITはちょっとね」と仰る方に限ってご覧いただきたい。ネットウイングスでは、そんなお困りごとを含め、解決へのお手伝いを致します(兵庫県尼崎市)