50歳になってやっとわかった 森岡さんと対馬さんは付き合っていた


田所稲造ファンタジーオンライン

50歳になってやっとわかった 森岡さんと対馬さんは付き合っていた

百合姫コミックスの「ルミナス=ブルー」を読んでみました。50歳になってようやく、何となく、わかった気がします。読みが甘かったかな、中学生当時の僕が。あのね、女の子って、多かれ少なかれ、まずは、女の子同士で恋愛をする時期があるのです。人にもよりますが。そこに、男の付け入る隙はなく、怒って家に入れないのは当然だと、今になって稲造さんは思うのです。いっぱい泣いて、いっぱい笑って、いっぱい苦しんで。そんなことは、言われなければ解らないし、言うわけないじゃんか、と思うのです。これを読んで、同性同士の恋愛感情に苦しむ思春期女子もおんねんで! というわけで、なるほど納得です。

いままで、いっぱい泣いて、いっぱい笑って、いっぱい苦しんで大人になるのですね。全員が全員、百合(女子同士の同性愛)感情に走るわけではありませんが(この変態! と一喝する女子もいるように)それは人によります。でも、異性の関係でも、いっぱい泣いて、いっぱい笑って、いっぱい苦しんできた女子も多いのだろうと思うのです。

なんだかおじさん、今になって気が付いたよ。男子はおしなべて直情径行にある場合が多いのですが、人に言えない苦しみに涙する女子がおるねんで! という気持ちになりました。誰も教えてくれませんでした。

かくいううちの母(現在87歳)も、かつて若い頃、女子同士で京都市左京区千本丸太町でルームシェアをしていた時期がありました。当時のSの関係、今で言う百合のご関係であって、ルームメイトがあるとき、自殺したんです。どなたか知りませんが。母はかつてとても美しく、時代が悪かったので、即スカウト、即モデルというわけにはいかなかったです。戦後すぐですからね。それに嫉妬されたのか、世をはかなんだのか、ルームメイトが死にました。なんで? って訊いても、母親は長男に対して、答えるわけがありません。そうして、母親も、いっぱい泣いて、いっぱい笑って、いっぱい苦しんだ末のことです。結婚は37歳になりました。百合属性がやっと抜けたのですね。今なら理解できます。

なーんかね、いろんなことを考えちゃったのですが、まあ、人生いろいろというわけです。

ではでは(・∀・)ノ

田所稲造ファンタジーオンライン 管理人 敬白

https://www.inazotaddy.blog/posts/8122169

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)