うちは浄土宗ですが何か?(NetwingsJ)

おはようございます。一睡もしてないよ(・∀・)ノ 以前、空気を入れ替えに窓を開けていたら、午前3時に「鈴」(りん)が鳴って、団地中に聴こえるような大声で「うるせえ!」と一喝したのですが、今度からは怒鳴らずに、「鈴」のことを詳しく調べようと思いました。これは、宗派によって、0~3回と鳴らしたり、読経のときのみ、とされている宗派もあり、宗派によっていろいろです。

ここの記事のご説明が大変丁寧で、正鵠を射ているので、リンクを載せておきますね。

仏壇での「りん」の鳴らし方。正しい作法やマナーとは?|ウィズハウス

CloseHOME > スタッフブログ > 仏壇での「りん」の鳴らし方。正しい作法やマナーとは?投稿日:2018年8月31日 マナーやご作法こんにちは、家族葬のウィズハウス スタッフの二唐です。 仏壇で手を合わせる時に「チーン」と鳴らす、お椀型の仏具の名称をご存知でしょうか。この仏具は「りん」と言い、読経やお参りの際に鳴らします。 今回はこの「りん」のお作法についてのお話です。りんの意味や役割、基本の鳴らし方や宗派による作法の違いなどをご紹介します。 「りん」とは、仏壇に備えられる一般的な仏具でお椀型の鈴のことです。仏前で手を合わせる時やお経を唱える際に鳴らします。もともとは禅宗で使われていた仏具ですが、現在では仏教宗派を問わず使われています。 近年はりん台を使用しない場合も多くなりましたが、基本としてはりん台と呼ばれる台の上にりん布団を置き、その上に置かれたりんを専用の仏具「りん棒」を使って鳴らします。りん棒を弾ませるようにしてりんのフチを軽く叩くと、澄み切った良い音が響きます。 仏教におけるりんの役割は主に3つです。・澄んだりんの音で人々の邪念を祓う(はらう)・りんを鳴らす音に乗せて供養や祈りを極楽浄土へ届ける・読経の始まりや終わりの区切りとして鳴らす 読経の際に鳴らすのが本来の使い方なのですが、読経時以外にもお参りの際に鳴らす場合もあります。 仏壇へお参りをする際にりんを鳴らす場合は、線香をあげた後、合掌をする前に鳴らします。りん棒でりんのフチをたたくときれいな音が出ますが、宗派によってフチの内側をたたく場合もあります。叩く回数は1~3回で宗派によって異なりますが、お参りの際に鳴らす場合はそこまで気にしなくても問題ありません。宗派によってりんの作法やマナーが異なる場合があります。代表的なものをご紹介します。■真言宗 鳴らす回数は2回とされています。1回目は優しく、2回目は少し強めに叩きます。■曹洞宗 3回鳴らすとしているお寺と、内側を2回鳴らすとしているお寺があります。■浄土宗 りんは読経時にのみ鳴らすものとしており、読経をしないお参りの際には鳴らしません。■浄土真宗 浄土真宗では勤行(おつとめ)の時にだけりんを鳴らします。合掌礼拝時には鳴らしません。 りんの作法やマナーは、宗派はもとより、同じ宗派であってもお寺によって作法が異なる場合もあります。厳密

家族葬のウィズハウス

家族葬のウィズハウスさんの記事です。ここを見て、なるほど納得、と思いました。でもね、時と場所を選びましょうよ。住民の中には、徹夜や夜勤の人だって中にはいるかも知れないという類推力が足りないよ。窓を開けて「鈴」を鳴らすんじゃなくて、窓を閉めて「鈴」を鳴らすか、それとも、0回叩いて「ご先祖様を敬う気持ちさえあれば、仏壇に向かってただ座ってただ拝んで心を通じ合う」だけでもいいのかも知れませんね。特に集合住宅の場合、誰が眠いのか、眠りを破られて困るのか、をよくよく考えて「鈴」を鳴らしてください。お願いいたします。

【追記】午前5時と午後5時。お勤めご苦労様です。「鈴」は厄を除ける役割もありますが、あまりにも鳴らし過ぎるので「お前はチンチン電車かっ!!」とあきれて窓を閉めました。とほほ。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)