DNS の接続先が Cisco Umbrella になっていないか確認する(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ 現場仕事のとき、たまーにローカルの DNS サーバーを示す先が、Cisco Umbrella になっていたりします。通常とは違う、IPv4 アドレスが指定されていたら要注意です。一旦、冷静になって、この DNS サーバーは何か? ということを立ち止まって考える必要があります。


設定のしかたはこれです。Cisco Umbrella は大変便利ですし、個人向けであればどうということはないのですが、法人・団体向けだとちょっと考え者です。アクセスプロバイダが指定する DNS サーバーないしは、企業内ネットワークで個別に使用するグローバルアドレスを指定する必要があります。

どうか、DNS の設定時には、落ち着いて。あくまで、どうしても名前解決が不可能になった時用の DNS アドレスだと考えて、Cisco Umbrella をお使いください。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)