そもそも何で Windows ReadyBoost があるの?(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ ほぼやけくその貧乏人です(笑)さて、何のために Ready Boost があるのかというと、貧相なマシンをお使いの方に有効です。(僕みたいにね)PC本体が、SSD対応モデルであれば「このマシンは充分に高速です」という注意喚起が出て、一瞬ためらわせます。

このように設定するのが定石です。定石と言えば、USBメモリの容量。これは、USB3.0 以降の規格で、本体メモリと同じぐらいの容量を購入すれば、まあ充分なんじゃないかと、経験上知っています。うちは、本体メモリが8GBですので、同じ容量のUSBメモリを使用しています。

ハードディスクからデータを読み込む際、どうしてもデータが断片化します。じゃあ、データの読み込みの断片化をどう防ぐかというと、一度、断片化が関係ない半導体メモリに移してから、つなげてからまとめて読み込んだ方が、結果的に速度が速くなりませんか? という原理です。

マイクロソフトさんが、公式にこれの効果をFAQとして挙げていない現状、体感的にどうか、本体メモリの半分のUSBメモリを差してみてどうか、それで足りないなら本体メモリと同じ容量を差してみるとか。いろいろ考えられます。こればかりはケースバイケースなので、良く分かりません。ただ、性能が良い最新式のPCには不要と思われます。

Wikipedia でも、これぐらいのことは言っています。何で3倍? その根拠は?

まあ、公式がなんとも言っていないので、これが最も確かな情報源かな、とは思います。

ちなみに、うちでは、SONY の USM-8GU(生産終了)です。16GBならありますかね?(下記)

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)